FC2ブログ

分かるまで言う

おはようございます。Cobbyこと小林 健了です。

組織で業務を行う際に、ルールを決めながら、メンバーに周知しながら作業を進めていくことがあります。
しかし、往々にして、メンバーはルールを守らないものだと考えます。
そのような場合、リーダーはどのように対応するか。

対応としては、簡単には「続ける」「諦める」になります。
諦めてしまうと、そこで組織崩壊です。
そのため「続ける」という選択肢を取りますが、どうやってそのルールを続けて、組織として成果を上げるかが重要になります。
そのためには、
・メンバーにルールを周知する。
・メンバーが実際にルール通りに活動しているか監視する。
・組織としての成果が計画通りに上げられたかを確認する。

そして、その次に「メンバーがルールを無視している」ことが分かったら?
まずは、言い続けることが重要になります。
・最初にメンバーに届く形でルールを周知できたか?
 →メンバーに届いていないなら、改善する。
・最初の周知ができていると自己評価している場合、メンバーに、何が伝わっていなかったをヒアリングして確認する。
 →伝え方に問題があったら、そこを改善する。
・メンバーがルールを守りにくくなかったか?
 →ルール順守を阻害する問題を除去した上で、ルール改善を含めて結果をメンバーに周知する。

ルールを周知する過程で、メンバーに関する問題をはじめとして、組織の問題を発見することもあるでしょう。
メンバーに分かるまで言う過程でも、組織改善への道筋をつける機会も得られるので取り組んでいきましょう。

「企業診断 12月号」の特集「「実務補習」にいらっしゃい」に、リーダーとして携わりました。こちらのほうに、実務補習の秘訣を満載しています。ぜひともお手に取ってお読みください。


本日もよろしくお願い致します。

できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版 Web解析の現場で使える実践ワザ 260 Googleタグマネージャ/オプティマイズ/データスタジオ対応 (できる逆引きシリーズ)」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

非公開コメント

プロフィール

小林 健了

Author:小林 健了
取得資格: 中小企業診断士、技術士(電気電子部門、総合技術監理部門)、情報処理技術者 (ITストラテジスト等) 。主にITや製造現場の観点から、企業経営、コンサルティング、技術について情報提供してまいります。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

アンケート

人気blogランキング

よろしければ、クリックをお願いします!! ↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログ

ブログ内検索