FC2ブログ

ITサービスマネージャ 答え合わせ

おはようございます。Cobbyこと小林 健了です。

平成30年ITサービスマネージャ午後1の 解答を晒してみる」で触れた回答の答え合わせをします。
おそらく、60点到達はかたいでしょう。

問2 (リリース及び展開管理)
設問1 PGを稼働環境にデプロイするときのAPサーバの停止が不要となり、可用性が向上する。
→大方、解答表現にはなっていそうです。
設問2
(1) LBの閉塞解除後に再び在庫ファイルが誤ることを防ぐため
→正しそうですが、解答例のほうが「データが誤ってしまう」という「実施する理由」の説明になっていないかも。
(2) インシデントの対応が欧州支社の14時の業務に影響することを防止するため
→業務影響という単語があるので大丈夫でしょう。
設問3
(1) 請求プログラム及び売上プログラムが修正されたSCをビルドし、開発環境にデプロイする
→表現の違いがあり、採点者に伝わっているかどうか。
(2) 共通プログラムと売上プログラムの10月4日板の修正
→表現の違いがあり、採点者に伝わっているかどうか。
(3) 請求プログラムと追加で修正した売上プログラムの間で不具合が発生しないことのテスト
→問題文中に「想定外の影響が出ていないかどうかを確認する」という記述があり、それを拾えなかったのは手痛いですね。

問3 (サービスデスク)
設問1
(1) 階層的エスカレーションによる技術者への回答の督促
→「階層的エスカレーション」という用語でなく、階層的エスカレーションで何をするか?の記述が必要そう。
(2) 技術者がインシデントの解決を受けたときの優先度付けと作業計画の変更状況
→「始業時の作業計画」でないとダメっぽい。上記は、外したようです。
設問2
(1) サービスの変更種別と発生が予想されるインシデントの対応関係
→対応だけでなく、解決まで踏み込んだほうがよかった。
(2) サービスデスクから技術者へのエスカレーション件数を減少することができる
→件数? 負荷? ここは瑣末かな。
設問3
(1) ノウハウDBにサービスデスクで実施するITインフラ群の変更作業の手順を追加する
→手順の追加まで入り込まず、その前段階の標準化が必要でしたか。
(2) ITインフラ群の変更が迅速に行われるようになる
→答えは当たったようですが、その根拠は十分には拾えなかった。

あとは、21日の合格発表。

「企業診断 12月号」の特集「「実務補習」にいらっしゃい」に、リーダーとして携わりました。こちらのほうに、実務補習の秘訣を満載しています。ぜひともお手に取ってお読みください。


本日もよろしくお願い致します。

できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版 Web解析の現場で使える実践ワザ 260 Googleタグマネージャ/オプティマイズ/データスタジオ対応 (できる逆引きシリーズ)」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

非公開コメント

プロフィール

小林 健了

Author:小林 健了
取得資格: 中小企業診断士、技術士(電気電子部門、総合技術監理部門)、情報処理技術者 (ITストラテジスト等) 。主にITや製造現場の観点から、企業経営、コンサルティング、技術について情報提供してまいります。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

アンケート

人気blogランキング

よろしければ、クリックをお願いします!! ↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログ

ブログ内検索