FC2ブログ

渾身の写真 1枚を撮るために

おはようございます。Cobbyこと小林 健了です。

雑誌等で、取材された方の写真を載せることが一般的かと思います。
その写真1枚あるいは2枚のことが多いでしょうが、そのために何枚写真を撮っているのだろう。
時に、そんなことも気になるわけです。

そんな折、あるプロの写真家の講義をお聞きする機会がありました。
その型曰く、「1枚の写真を雑誌に掲載するために、何百枚も写真を撮る」とのことでした。

もしかすると、「1記事に1枚の写真を載せたいのであれば、数枚撮っておけばよいのでは?」と思われる方もいるのかもしれません。
ですが、写真ですので、
・目をつぶっている
・手振れが発生している
・この表情、取り直してよろしいでしょうか?
といったことがどうしても発生してしまいます。
そのような時に、撮影した写真が少なくて「ベストショット」を選べない、という事態となりかねません。
その場合、写真を妥協するか、もう一度取材対象者様に写真撮影を依頼しなければなりません。
それを防ぐためにも写真を大量に撮影する必要があるのです。

これを試験に置き換えると、
・撮影→日々の学習
・ベストショットの選定→試験本番
・雑誌の写真に対する評価→合格発表
ですね。
個人的には、写真個々の出来もさることながら、量が質を生み、量をこなすことで最終的な成功確率が上がると考えます。
是非とも、演習や下準備は十分に行いましょう。

本日もよろしくお願い致します。

できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版 Web解析の現場で使える実践ワザ 260 Googleタグマネージャ/オプティマイズ/データスタジオ対応 (できる逆引きシリーズ)」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

非公開コメント

プロフィール

小林 健了

Author:小林 健了
取得資格: 中小企業診断士、技術士(電気電子部門、総合技術監理部門)、情報処理技術者 (ITストラテジスト等) 。主にITや製造現場の観点から、企業経営、コンサルティング、技術について情報提供してまいります。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

アンケート

人気blogランキング

よろしければ、クリックをお願いします!! ↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログ

ブログ内検索