FC2ブログ

システム監査技術者午後1の問題文には、この構造がある

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

久しぶりに、情報処理技術者試験の話題で。
最初にデータベーススペシャリストの話を書こうとしましたが、それよりも、
ITストラテジスト試験の対策になりそうな、システム監査技術者午後1の構造解析について。

システム監査技術者午後1の問題文には、構造に決まった特徴があります。
1. 序文
2. 予備調査の内容
3. 本調査の実施
4. 本調査での発見事項 (4段目はないこともある)

なお、「本調査の実施」ではなく、「監査手続書の作成、レビュー」ということで、
監査計画段階の事例もあります。

新制度になってからこの構造を外した問題は平成21年問3と問4だけなので、この構造は「かたい」と考えられます。

更に、設問と上記の構造についても特徴があります。
それは、「設問」と問題文の対応関係にあります。
設問と直接結びつく記述が、「3. 本調査の実施」から「4. 本調査での発見事項」に集中しているのです。
例えば、平成28年問3では、

「3. 本調査の実施」の(1)→設問1
「3. 本調査の実施」の(3)→設問2
「4. 本調査での発見事項」の(1)→設問1
「4. 本調査での発見事項」の(2)→設問1
「4. 本調査での発見事項」の(3)→設問1

となっています。問題文、設問文の構造から言えることは、
「問題文を最初から読んでいっても、設問と対応付けて読むことが難しいので、タイムロスとなる危険がある」
ということです。
この問題では開発規定が「3. 本調査の実施」の(1)から(4)に対応してくれていますが、そうでない問題も多いのです。
前半部分には答えが順序通りならんでいなかったり重要論点の密度が低かったりします。
なので、システム監査午後1の問題を解くときには、
設問→「4. 本調査での発見事項」→「3. 本調査の実施」→全文
と、フィルタをかけながら読んでいくとよいでしょう。

さて、ITストラテジストの午後1にも目を転じましょう。
こちらの問題文の構造も、
1. 序文
2. 現状の業務プロセス
3. 業務改革方針及び施策

となっていることが多いのです。
こちらは、平成28年問2、平成23年問2、組込み全問題のようにパターンを外されることも多いのですが、
問題選択でそのような問題を排除すればよいレベルでしょう。
こちらのほうも、頭から問題文を読まずに
設問→「3. 業務改革方針及び施策」→全文
と、フィルタをかけながら読みこんで、タイムロスをなくしたいところですね。

更に、システム監査の午後1にはITストラテジストにはない特徴があるのですが、
それは後日。

中小企業診断士の皆様においては実務補習の最中ですが、いかがお過ごしでしょうか。
本日は、関東地区の診断士向けのイベントについてご紹介いたします。

埼玉オータムフォーラム2017」(新人歓迎交流会)開催!!

-----
20170821_埼玉オータムフォーラム
埼玉県協会では、埼玉県下で活動を希望する中小企業診断士を対象に「埼玉オータムフォーラム2017」(新人歓迎交流会)を2017年10月7日(土)に埼玉会館(さいたま市)で開催します。

埼玉県協会では、毎月第3土曜日に開催される研修交流定例会を始めとした各種研修プログラムや県からの受託事業、実務に携わる機会が少ない方に機会提供を図る実務従事事業、実践に即した研究会活動等を実施しております。本会は、そうした埼玉県協会の活動を広く知って頂くとともに、既存会員と未入会の方の交流促進を目的としたイベントです。

本会では、2017年度資格登録者はもちろんですが、資格を取得してから無所属・他協会所属、まだ資格登録要件を満たしていない、といった方も大歓迎です。また、既存会員の皆さまにとっても、有意義な情報交換の機会になると考えております。

埼玉県中小企業診断協会は、「顔が見える仲間がいるアットホームな気風」で、独立診断士にも企業内診断士にも活躍の場があることが特徴です。そんな協会の雰囲気を感じながら、「おいしいネタ」を見つけてみませんか?

現在、参加者を募集中です。参加を希望される方は、下記の方法によりお申し込みをお願い致します。

埼玉オータムフォーラム2017(新人歓迎交流会)
1.日時:2017年10月7日(土) 13:30開会 (13:00受付開始)

2.会場: 埼玉会館
★埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4(JR浦和駅西口より徒歩約6分)

3.内容:埼玉県中小企業診断協会の紹介
基調講演
ワークショップ(診断士としての活動の場を拡げる)
研究会・実務従事・研修に関する紹介
パネルディスカッション(埼玉県協会会員の診断士活動)

4.申込方法
埼玉県協会未入会の方:こくちーずよりお申込み下さい。
こくちーず
-----

皆様、是非ともご参加くださいませ。

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

非公開コメント

プロフィール

小林 健了

Author:小林 健了
取得資格: 中小企業診断士、技術士(電気電子部門、総合技術監理部門)、情報処理技術者 (ITストラテジスト等) 。主にITや製造現場の観点から、企業経営、コンサルティング、技術について情報提供してまいります。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

アンケート

人気blogランキング

よろしければ、クリックをお願いします!! ↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログ

ブログ内検索