たまには大きく背伸びしてみる

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

11/27は、統計検定の検定日でした。
私は1級を受験してまいりました。

結果から言って、おそらく不合格だと考えます。
特に、統計応用は不合格の散弾が高い状況です。

数列の総和 (Σ) や積分 (∫) には慣れてはいましたが、やはり、統計の理解が不十分なところに
焦りを感じて問題部を読み飛ばしている、そもそも問われていることが分からず解答に至らない、
といったことが積み重なってしまいました。
良くて、素点で50点程度の得点でしょう。

とはいえ、たまには背伸びした対応をすることも重要です。
今の背丈でできることばかりを探していては、自分の深みを増す機会を自ら失ってしまいます。
ちょうど、2012年から技術士と中小企業診断士を目指し始めていたときは、
「これらの試験は難しいから、数年単位で取り組んで取得できればよい」
と考えていました。
ですが、現実には、2012年に技術士1次試験、2013年に中小企業診断士1次試験への取り組みを開始してから、
2015年3月には双方を手にできました。
手にできたのも、まずは、そもそも受験しようと決意したから。
それには間違いはありません。

そして、言い訳かもしれませんが今回の不調は予見はしていたこと、次回は公式問題集をきちんと購入して
対応するように致します。

ということで、今日からは、気分を新たにTOIEC対策を始めている私でした。

情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

非公開コメント

プロフィール

小林 健了

Author:小林 健了
取得資格: 中小企業診断士、技術士(電気電子部門)、情報処理技術者 (ITストラテジスト等) 。主にITや製造現場の観点から、企業経営、コンサルティング、技術について情報提供してまいります。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

アンケート

人気blogランキング

よろしければ、クリックをお願いします!! ↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログ

ブログ内検索