教えてもらうだけでなく、気づきを得よう

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

皆様、仕事や勉強で分からないことがあった時、どのように対応しているでしょうか。
「誰か、教えてほしい」などと、思うことが多いかと思います。

ですが、個人的におすすめしたいことは、「まずは自分で考える」です。
考えていくうちに、いろいろと気付きに出会います。
そして、自分で考えてもどうしようもないときに、他者に答えを請うてもよいでしょう。

まずは自分で考えるメリットとして、
1. 自分の不足している点に気付ける
2. 自分でどうやって答えを得ることができるかに気付ける
3. 1.と2.の結果として、未知の状況にあっても、自ら仮説検証により、答えを得ることができる可能性が高まる

次に、他者とのかかわり合いとして、「分からないことは何でも質問する奴、自分で考えない奴」という評価を防げるという点も重要です。

結局のところ、答えだけを教えてもらう限りは、その答え以上に広い世界を持つことができません。
答えを導出する過程に気づきを得ることで、未知への世界を開拓できるよう準備する必要があります。

これからの日本も、経済成長しない前提で考える必要があり、誰も経験しない世界が待ち受けることでしょう。
そのような中で、人に何が必要となるか、それは、まずは自発的に問題を発見する能力、
発見した問題を世の中のプラスになるように自ら解決する力です。


情報処理技術者試験の論述は、まさに、未知の出題に対して、自らの問題解決能力の高さを、
出題主旨にに沿いながらも示していく試験です。
情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

非公開コメント

プロフィール

小林 健了

Author:小林 健了
取得資格: 中小企業診断士、技術士(電気電子部門)、情報処理技術者 (ITストラテジスト等) 。主にITや製造現場の観点から、企業経営、コンサルティング、技術について情報提供してまいります。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

アンケート

人気blogランキング

よろしければ、クリックをお願いします!! ↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログ

ブログ内検索