明日は中小企業診断士の最終合格発表日です。

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

明日 1/5は、中小企業診断士の合格発表日です。
滅多に落ちることはない試験ですが、気になるところですね。
最終合格を確認されると、安心されることかと思います。

ですが、中小企業診断士としては、合格は「ゴール」ではなく、「スタート」でもあります。
それは、中小企業診断士「実務補習」が始まる、ということです。

実務補習のスケジュールは、すでに公開されています。
実務補習は、申し込み時点の対応から勝負が始まっています。特に、スピードが非常に求められます。
今回は、合格発表後の実務補習に関する留意点について見ていきます。

1. 合格が分かったらすぐに実務補習に申し込む
これが最重要です。
特に、大阪地区では、合格発表当日に実務補習の枠が埋まるといわれています。
また、平成26年度以前の合格者は2015/12/24時点ですでに申し込みが可能です。

平成27年度の新規合格者にとっては、実務補習の申し込み時点からすでに受講に不利な状況にあります。
とにかく、早く申し込みましょう。

2. 実務補習期間の業務の調整を付ける
実務補習期間中は、初日、最終日 (場合によっては2日目も) は平日になります。
また、期間中は平日で業務日であっても帰宅後にはレポート作成が必要となります。
そのため、特に15日コースでは業務に穴をあけることになる方も多くなります。

そのため、実務補習で本業に迷惑をかけないよう、
・最初から有給等が必要であることを宣言する
・業務のバックアップ体制を作っておく
ことは非常に重要となります。

3. 受講料を準備する
受講料は、15日コースでは\147,000.-、5日間コースでは\50,000.-となります。
これを準備することが重要となります。
申し込み時点で受講料を支払うことが必要となります。
せっかくの受講機会を、受講料の未払いで逃したくはないですね。

合格発表直後に実務補習を申し込めるよう、今から準備してくださいませ。

タキプロでは、2016/1/9 (土)2016/1/15 (金) に実務補習セミナーを実施いたします。
是非ともご参加ください。
(1/4現在、1/9の残2枠、1/15はすでに満席となっております。)

よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

非公開コメント

プロフィール

小林 健了

Author:小林 健了
取得資格: 中小企業診断士、技術士(電気電子部門)、情報処理技術者 (ITストラテジスト等) 。主にITや製造現場の観点から、企業経営、コンサルティング、技術について情報提供してまいります。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

アンケート

人気blogランキング

よろしければ、クリックをお願いします!! ↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログ

ブログ内検索