「運命好転十二条」に思う 2.幸せを口にすること

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

昨日は「運命交点十二条」を紹介しました。
ただ人様の言葉を転記しただけでは芸がないので、徐々にでも感じたことを言葉にしたいと思います。

【運命好転十二条】

2.幸せを口にすること
「私ほど幸せな人はいない」と言い続ける人は幸せになる

→私の性質上、感情に関することはあまり口には出していませんでした。
ですが、ある程度は「私ほど幸せな人はいない」という必要もありそうと考えています。
・他の方への感謝の念を表す
・人としての側面を見せる

一点目の「感謝の面」ですが、特に良いところ、積み上げた成果は、周囲の方々のご協力の上に
成り立ったものです。
そのため、何かの恩恵を受けているときには「関係してくれた人、ありがとう。私はあなた方のお陰で幸せだ」と
表現することも必要となります。

二点目の「人の面の側面」ですが、人は、能面のようで感情を見せない人間には引き込まれません。
「あの人は私とは違う」と壁を作りがちになってしまうものです。
そのため、人としてのつながりを作って橋渡しを行うことを考えていくと、少しでも、照れくさくても
人としての感情を出していったほうがよいと考える次第です。

また、おいおい他の項目についても言葉を作ってまいります。

よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

非公開コメント

プロフィール

小林 健了

Author:小林 健了
取得資格: 中小企業診断士、技術士(電気電子部門)、情報処理技術者 (ITストラテジスト等) 。主にITや製造現場の観点から、企業経営、コンサルティング、技術について情報提供してまいります。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

アンケート

人気blogランキング

よろしければ、クリックをお願いします!! ↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログ

ブログ内検索