FC2ブログ

周りを観察して気付く

おはようございます。Cobbyこと小林 健了です。

人は、本当の要求を話すことはないと考えたほうがよいでしょう。
主な要因としては、
・素直に自分が思っていることを話してよいのか、はばかっている
・自分の要求には気づいているが、言語化できない
・そもそも、自分の要求に気付いていない。態度には出ている
・そもそも、自分の要求に気付いていない。態度にも出ない
など、いろいろな要因があります。

そして、そのサインに気付いた場合、言語化されていないからと言って無視するわけにもいかない。
例えば、ITプロジェクトで、言語化されていない要求を無視してシステムを構築しても、現物を見た業務部門からの
反発を受けることなど、よくあることでしょう。

そのため、やはり、そのサインに気付いた時点から、そこに対応していく必要はあるでしょう。
そのためには、相手のことを観察することが必要です。

社会人として、相手の要求に気付かないのは、あまりよろしくないことでしょう。
そっとした心配りを。

本日もよろしくお願い致します。

できる逆引き Googleアナリティクス 増補改訂2版 Web解析の現場で使える実践ワザ 260 Googleタグマネージャ/オプティマイズ/データスタジオ対応 (できる逆引きシリーズ)」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

非公開コメント

プロフィール

小林 健了

Author:小林 健了
取得資格: 中小企業診断士、技術士(電気電子部門、総合技術監理部門)、情報処理技術者 (ITストラテジスト等) 。主にITや製造現場の観点から、企業経営、コンサルティング、技術について情報提供してまいります。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

アンケート

人気blogランキング

よろしければ、クリックをお願いします!! ↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログ

ブログ内検索