自分の頭で考える

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

「自分の頭で考える」という、当たり前の話。
世の中、色々な技術、概念、サービスが発生し、
いろいろな意味で、色々な分野で多様化が進行した。
多様化に伴い、あるいは一人の人間が吸収できる範囲の限界により、
役割分担、機能分化により、複数の人で1つの技術、サービス、製品を生産する
体制となっている。
現在、さらなる多様化により、分野Aの専門家は分野Bのことは分からないことが多い。
極論、一介のシステム屋では、システム化に伴う法的責任まで深くわからないかもしれない。
システム屋では、そのシステムの導入により企業の戦略がどう変化するか分からないかもしれず、
ただただ言われたとおりにシステムを作っているかもしれない。

そんな中、システム屋が法律や企業経営について知ろうとすると、「有識者」に教えを乞うことになる。
ただ、その「有識者」も完全ではない。
弁護士でも、システムの法務処理を知らないかもしれないし、
中小企業診断士で、言葉は悪いがIT音痴はざらにいる。
そんなわけで、資格を持った人、あるいはその業務に携わったというふれこみがあったとしても、
「有識者」がまともに当方からの問に堪えられないことも十分に考える必要がある。

そして、「有識者」がまともに回答しない、つまり、回答できなかったり誤った回答をしてきたりしたら、
非専門家である我々はどのような態度を取ればよいだろうか。

最近、そのようなことがあったわけだが、
・「有識者」に要求する事項、依頼事項を明確化する
・「有識者」に質問したい分野について、入門書でもよいから地震で学習する
ことが肝要と考えるようになった。
もし、「有識者」が回答できなかったらどうするか。
虚偽回答したらどうするか。

いくら「あの有識者が悪い」と言っても、彼と一蓮托生する気はない。
そう考えると、私は、「有識者」の解答の妥当性を判断できる必要がある。
そのためには、当初の目的に従い、当該分野の原理原則を少しでも知り、少しでも妥当な判断ができるように
努めるべきだろう。

そして、私の場合は、「有識者」が回答できないという体たらくを見て、
自らの専門知識を総動員して、試行錯誤で問題解決しようとしている。

最終的には、自らの専門知識、試行錯誤、根気が世の中を変える。
「有識者」に依存している暇などないのだ。

えせ「有識者」よ、かかってきなさい。

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

いい加減、ブログを書こう、私

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

どんなに忙しくとも、どうにかしてブログを書かないといけない。
世の中、結局、できるできないの話なんかじゃない。
やるやらないの話だ。

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

見返りは求めないで取り組む

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

最初に「新しいことをやろう」「何かに挑戦しよう」という時、
「お金持ちになってやろう」「有名になってやろう」「いい肩書を得よう」と思うかもしれません。

ですが、それを得られないと思った時、実際に得られないとわかった時に、あなたのモチベーションはどうなるでしょうか。
落ちてしまいますか?

落ちてしまうことはそうかもしれませんが、「新しいことをやろう」「何かに挑戦しよう」という気が失せてしまって、
歩みを止めてしまいませんか?

それで歩みを止めてしまうのはもったいない。
なので、まずは、見返りを求めないで進んでみましょう。
まずはとにかく何かを形にしようとあがいてみましょう。

結局のところ、見返りを求めないほうが成功していることも多いものですし、
想定しなかったいいことも起こります。
私の場合はITストラテジスト等の資格を取っています。
ITストラテジストの資格自体は会社が奨励するものです。
他方、資格取得の勉強の際には資格を取得する最低限以上のことはしましたし、
資格取得後には多くの人との出会い、中小企業診断士や技術士を知りその取得に結び付き
更に良質のコミュニティにもめぐり合わせて頂くことができました。

見返りのような小さな利得に気を取られている暇などありません。
とにかく、自らの進むべき道を信じ、それを貫き通しましょう。

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

どんなに忙しくても

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

どんなに忙しくても、

ブログを更新する

情報発信する。

生存報告をする。

なかなかできていませんが、どうにか続けようと思います。

本日も、よろしくお願い致します。

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

パッションとミッションとアクション

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

この土日で、いい言葉を聞いたので、ご紹介します。
「パッションとミッションとアクション」

パッション
何かを起こすには、強い情熱、外部からの攻撃に耐えられるだけの信念が必要。

ミッション
何かを成すには、目標設定、誰かの役に立つといった目標が必要。

アクション
まずは公道を起こさないと何も始まらない。念じるだけでは無意味。

本日も、よろしくお願い致します。

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

小林 健了

Author:小林 健了
取得資格: 中小企業診断士、技術士(電気電子部門)、情報処理技術者 (ITストラテジスト等) 。主にITや製造現場の観点から、企業経営、コンサルティング、技術について情報提供してまいります。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

アンケート

人気blogランキング

よろしければ、クリックをお願いします!! ↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログ

ブログ内検索