問題文に忠実になることで合格できた、エンベデッドスペシャリスト

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

今回は、2015年度にシステム監査技術者試験からエンベデッドスペシャリストに
「回り道」したときのことについて書いてみたいと思います。

まず、2014年秋にはネットワークスペシャリストを受験し、2回目の合格となりました。
これにより、スペシャリスト系を受験する下地が整っていたのだと思います。

その後、2015年春のエンベデッドスペシャリストを受験しました。
受験前の勉強に当たっては、「問題文に素直に反応する」ことを目指しました。
これは、ネットワークスペシャリスト試験のときにも自ら意識していただけの話でもありません。
おりしも、「情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」が発売されたタイミングであり、
それに先立ってのインタビューも受けていた時期でもありました。
試験受験においても、そのほかの要因においても、問題文に素直に反応することの重要性を感じることができました。

問題文に素直に反応することで、
・表現の違いによる失点を防ぐことができる
・文章で表現されていること、表で表現されていること、図で表現されていることの対応を取りやすくなり、得点しやすくなる
 (例えば、「○○を送信する」と本文に記載されていて表で「Aを送信する」と記載されていて問題でAの内容を問われたら、迷わず○○と解答可能になります)

意外と、技術の深いところ、重箱の隅をつついたところは問われません。
それ以前に、文章を読み取る、要件を読み取るところが問われていると考えられます。
皆様も、秋試験に向けて、今一度、「問題文に忠実に」に立ち返ってみるとよいかもしれません。

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

回り道したことの効果

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

今回は、2015年度にシステム監査技術者試験から他区分 (エンベデッド、データベース) に
「回り道」したときの効果について書いてみたいと思います。

1. 一旦スペシャリスト系の試験を受験して、技術の進化を感じた
やはり、論文系より、スペシャリスト系の試験農法が、目の前の技術を詳しく追っています。
2014年のネットワークスペシャリストの再受験の際にも、それを感じました。
当時までずっと論文系の試験を追っていましたが、一度技術系の試験を受けることで、
足元の技術を再認識できました。

2. 受験レベルを見直すことで、後のジャンプアップにつながった。
これは、公文式の考え方です。
公文式では、最初はレベル合わせのテストをしますが、多くの場合は小学1年生の教材から始めることになります。
(私が始めた時は小学4年生)
ですが、そこから継続していくと、いつの間にか小学6年生で中学3年の数学を解けるようになったりします。
これは、一旦基礎レベルを固めて、それによってジャンプアップするという教育方針によるものです。
私の場合、情報処理技術者試験ですがこれに当てはまったのではないかと考えます。

3. システム監査技術者試験には落ちたものの、技術士試験の役に立った
これは、予定外の効果となります。
ちょうど平成26年のシステム監査技術者試験の午後2ではパブリッククラウドについて出題されましたが、
技術士 (電気電子 - 情報通信) では「インタークラウド」について600字の論述が求められました。
この問題に解答できたのも、落ちてしまったもののシステム監査技術者試験を受験した賜物と考えています。

4. 中小企業診断士、技術士の論述により、システム監査技術者試験の午後1を解答する力を得た
他の試験で、論述や記述が求められる試験により、システム監査技術者試験の午後1を突破する力が
ついたのではないかと考えています。

次は、2015年エンベデッド、2016年データベースを突破した際に考えたこと等に触れたいと思います。

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

4年連続でシステム監査不合格で、他区分に乗り換えた時

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

2017年度、システム監査試験に合格できました。
ですが、この試験だけ、2011年から受験を開始して、足掛け7年、5回目の受験での合格です。
少し苦労してしまいました。。。

その中でも、もっともつらかった2つの瞬間があります。
・4年連続で午後1で敗退した、2014年度の結果確認
・2015年度はシステム監査試験をいったん離れようと決意した時

2014年度の午後1の不合格、堪えました。
問題選定ミスと解答欄の取り違えさえなければ2013年度の午後1は通過していたはずと考えていたので、
2014年当時でも午後1は突破できると考えていました。
ですが、ふたを開けると54点で不合格。
やはり、自分の実力はそんなものだったのか、と。。。
午後1突破の実力がないとあきらめ、2015年度はシステム監査の受験をやめました。

やめるにしても、別の区分を受験することを考えます。
当時残していたのは、システム監査、データベース、エンベデッド。
システム監査は4回連続不合格、データベースは未経験、エンベデッドは2007年度、2008年度と不合格であったので、
マイナスの意味でとても悩みました。
担当業務から言って受験すべきはエンベデッドでしたが、2回の不合格がプレッシャーになりました。
ですが、受験後の夜間作業のことも克服し、エンベデッドは2015年試験で何とか合格はできました。

ただ、今考えてみると、2015年、2016年の「回り道」は効果があったのではないかとは考えています。
そのことについては、追って記事にしたいと思います。

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

情報処理技術者試験 昨今の出来事

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

ここ数日で、情報処理技術者試験界隈でも動きがありました。

・7/6 合格証、午前Ⅰ通過者証の送付
→次回以降4回分の午前Ⅰ免除の切符となります。
 早々に受け取って、早々に平成29年度秋期試験を申し込みましょうね。
・7/6 平成29年度秋期試験を申し込み開始
→早めに申し込みをするほど、合格確率が上がります。
 これは、早いほど何かしらのご縁があるという話ではなく、
 早く申し込む方ほどモチベーションや行動力が高いので、
 勉強が継続でき実力による合格確率が上がる、という話です。
 逆に、早く申し込みができるだけのモチベーション、今から身に付けましょう。
 というわけで、皆様のご武運、合格、お祈りしています。

 私は、情報処理安全確保支援士 (情報セキュリティスペシャリスト) を受験しようと考えています。
 2周目、3回目の受験ですね。

・7/7 講評の発表
→高度系の講評が発表されました。
 システム監査については、問2の設問1は簡単で設問2は難しかったのでしょうか。
 私の現場での感覚とは逆 (設問2は即答できたが設問1は少し考えた) だったのですが、
 講評でのコメント状況を見るに問2の設問1は簡単で設問2は難しかったようです。
 特に、設問2の正答率が低かったのは、受験者の実務経験が邪魔をしたのだと思います。
 (問題文に「品質管理部が審査する」ことは確りと書かれていたのですが)

おいおい、詳細に分析します。

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

システム監査技術者試験 2017 午後1回答を今更公開

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

今年のシステム監査 午後1で、95点という驚異的な得点を獲得しました。
今日は、その際に書いた解答を公開します。
素点では95点となるとは考えにくいことから、IPAがどのような採点を行っているか、の事例研究の一助になれば、と思います。

参考として、IPAが作成した解答はこちらです。

問1
設問1
私の解答
モジュール製品の部品の製品コードがA社とB社で異なる場合、統合後に2種類のコードが設定されるから。

IPAの回答
A社がB社から仕入れたモジュール製品製造用の製品のB社と異なる製品コードが設定されているから

多分当たっている。正答率も高いはず。

設問2
私の解答
棚卸責任者は、担当者の修正入力の在庫数量の妥当性を確認した後に承認入力を行う。

IPAの回答
登録入力ができる担当者と承認入力ができる責任者を別のものとする。

少し外れていると思う。なぜ、理由だけを判断して承認しているのか、理解できなかった。
しかも、本番では「職務分離」という箇所を読めていなかった。

設問3
私の解答
在庫移管前に、実地棚卸の在庫数量と在庫管理システム上の在庫数量を全件照合する。

IPAの回答
在庫移管開始前に全ての棚卸差異データの承認入力が完了していることを確認する。

項版1のコントロールを参考に回答。多分満点はつかないでしょう。

設問4
私の解答
在庫移管の実施後に最終出庫日をリカバリする計画となっていることを統合PTに質問する。

IPAの回答
システム担当者に質問し、最終出庫日が在庫移管日で置き換えられないことを確認する。

最初、B社データに限定した回答をしていたと思う。
だが、A社の在庫も移管されるはずなので書き換えた記憶が。。。

設問5
私の解答
取引件数及び品目数の増加に対応できる処理能力の増強が計画されているか。

IPAの回答
統合後の取引件数及び品目数の増加に対応できるシステムの処理能力が検討されていること

多分当たっている。正答率も高いはず。

問2
設問1
私の解答
レビュー指摘件数のカウント方法が標準化され、各プロジェクトが指摘区分ごとにカウントしているか。

IPAの回答
レビュー指摘件数としてカウントする指摘内容の判断基準が明文化され、各開発部に周知されているか。

最初は「各プロジェクトが指摘区分ごとにカウントしているか」で解答しようとしたが、
明らかに字数が余るので「レビュー指摘件数のカウント方法が標準化され」を追加した。
多分、設問1の本質は「レビュー指摘件数のカウント方法が標準化され」の方だと思う。
正答率はかなり低いと思われる。おそらく、私の点数が伸びたのはこの問いに答えられたからだと思う。

設問2
私の解答
品質管理部はPMの報告内容を審査し、次工程への着手を認めているか。

IPAの回答
実績値が指標値を下回った理由について、品質管理部が審査して承認していること

基準超えの場合の品質管理部の審査については記載があるので、素直に反応した。
少々表現が稚拙だったか。
難しくはないと思ったが、Webでの解答晒しを見るに、意外に正答率は低そうだ。

設問3 (1)
私の解答
レビューアごとの指摘の傾向から、障害要因の見逃しが発生していないか。

IPAの回答
レビューアによってレビュー観点が異なり、指摘区分に偏りが発生していないか。

単に表計算ソフトで集計しただけでは、監査手続の目的を読み取れない。
そのため、前段の障害多発を活用。
少し外していると思われる。少なくとも、集計結果では障害要因の見逃しは困難と思われる。

設問3 (2)
私の解答
すべてのレビュー記録表を確認する必要があるので、小規模PJやその他のPJも対象にする。

IPAの回答
表計算ソフトを使用して傾向を分析するなら、サンプリングではなく全件調査すべきである。

理由と改善? その区別がよくわからなかったし、公式回答でも何が理由に当たるのかが分かりにくい。
ただ、ドンピシャで当たっていると思う。正答率は低くはなさそう。

設問4
私の解答
障害の再発防止策や横展開を基にしたテストの実施が工程の完了判定基準に織り込まれているか。

IPAの回答
テスト標準で定められたテスト密度などの実績値が工程完了の判定基準に含まれているかどうか。

完全に外していると思う。
素直に考えたらこの1問をみても95点は難しいと思う。
もしくは「裏解答」のようなものがあるのだろうか。
私の問1設問3の場合のような。。。

問3
設問3にの回答に必要な記述が問題文にほぼ明記されていないので、この問題は地雷と判断しました。
解答しようとしたが5分でギブアップ。

今日はこんなところで。

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

小林 健了

Author:小林 健了
取得資格: 中小企業診断士、技術士(電気電子部門)、情報処理技術者 (ITストラテジスト等) 。主にITや製造現場の観点から、企業経営、コンサルティング、技術について情報提供してまいります。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

アンケート

人気blogランキング

よろしければ、クリックをお願いします!! ↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログ

ブログ内検索