最近、自己啓発本は買っていない

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

最近、自己啓発本の類は買っていません。
尤も、このような性格ですのでもともと自己啓発本自体は好きですし、
昔は買っていました。

ですが、あることに気付いたのです。
それは、「いくら自己啓発本を読んでも、書いてあることを実践しないと無意味であり無価値」であるという点です。

金持ち父さん 貧乏父さん」にも、「本を読む人、知識を得る人はたくさんいても、行動する人は少ない」といったことが書かれていたりします。
また、かさこさんのブログにおいても「ノウハウは惜しみなく提供する」とあります。
自ら稼いでいらっしゃってノウハウを全部公開してしまうと模倣されるのでは?とは考えますが、
他方、「本を読む人、知識を得る人はたくさんいても、行動する人は少ない」を考慮すると、
行動する人は少ない = 模倣リスクはさほど高くなく、逆に「それだけのことを実践できる凄い方」という
強みを示せる、とも解釈できます。

自己啓発本は嫌いではないので、最近も、本屋で立ち読みすることはあります。
その際も、目次を見て「ああ、やっぱり同じようなことを書いているな」と思うことは多いのです。

やはり、行動してこそ、名のだと思います。
次は、「今なら、どのような本だったら購入するのだろう」ということを考察したいと思います。

中小企業診断士の皆様においては実務補習の最中ですが、いかがお過ごしでしょうか。
本日は、関東地区の診断士向けのイベントについてご紹介いたします。

埼玉オータムフォーラム2017」(新人歓迎交流会)開催!!

-----
20170821_埼玉オータムフォーラム
埼玉県協会では、埼玉県下で活動を希望する中小企業診断士を対象に「埼玉オータムフォーラム2017」(新人歓迎交流会)を2017年10月7日(土)に埼玉会館(さいたま市)で開催します。

埼玉県協会では、毎月第3土曜日に開催される研修交流定例会を始めとした各種研修プログラムや県からの受託事業、実務に携わる機会が少ない方に機会提供を図る実務従事事業、実践に即した研究会活動等を実施しております。本会は、そうした埼玉県協会の活動を広く知って頂くとともに、既存会員と未入会の方の交流促進を目的としたイベントです。

本会では、2017年度資格登録者はもちろんですが、資格を取得してから無所属・他協会所属、まだ資格登録要件を満たしていない、といった方も大歓迎です。また、既存会員の皆さまにとっても、有意義な情報交換の機会になると考えております。

埼玉県中小企業診断協会は、「顔が見える仲間がいるアットホームな気風」で、独立診断士にも企業内診断士にも活躍の場があることが特徴です。そんな協会の雰囲気を感じながら、「おいしいネタ」を見つけてみませんか?

現在、参加者を募集中です。参加を希望される方は、下記の方法によりお申し込みをお願い致します。

埼玉オータムフォーラム2017(新人歓迎交流会)
1.日時:2017年10月7日(土) 13:30開会 (13:00受付開始)

2.会場: 埼玉会館
★埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4(JR浦和駅西口より徒歩約6分)

3.内容:埼玉県中小企業診断協会の紹介
基調講演
ワークショップ(診断士としての活動の場を拡げる)
研究会・実務従事・研修に関する紹介
パネルディスカッション(埼玉県協会会員の診断士活動)

4.申込方法
埼玉県協会未入会の方:こくちーずよりお申込み下さい。
こくちーず
-----

皆様、是非ともご参加くださいませ。

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

誕生日メッセージには個別返信しよう

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

先日、無事に誕生日を迎えることができました。
親には感謝です。

さて、Facebookでは、誕生日に個別メッセージを投稿する習慣が根付いているようです。
メッセージのほう、ありがとうございます。
他方、受け取ったメッセージに対する当事者の反応は様々です。

・いいね!だけを返す
・投稿1本で返信に代える
・全員に個別メッセージ。ただし、内容はすべて同じ。
・全員にそれぞれ異なる個別メッセージを返す。

さて、返信がきちんとあるかどうか。
メッセージを送った人にとっては、それにより、印象の良しあしが変わってきます。
そして、将来、連携できるかどうかも見られている可能性があります。

今回、前回と、私は、全員にそれぞれ個別メッセージを返しました。
今年は合計116件のお祝いを頂いており、それぞれに個別メッセージをお送りしました。
要した時間は1時間強。
返信のための時間を計画的に確保すれば、できなくはないでしょう。

皆様も、大切な方からの誕生日祝いに、個別の言葉を作られていはいかがでしょうか。

中小企業診断士の皆様においては実務補習の最中ですが、いかがお過ごしでしょうか。
本日は、関東地区の診断士向けのイベントについてご紹介いたします。

埼玉オータムフォーラム2017」(新人歓迎交流会)開催!!

-----
20170821_埼玉オータムフォーラム
埼玉県協会では、埼玉県下で活動を希望する中小企業診断士を対象に「埼玉オータムフォーラム2017」(新人歓迎交流会)を2017年10月7日(土)に埼玉会館(さいたま市)で開催します。

埼玉県協会では、毎月第3土曜日に開催される研修交流定例会を始めとした各種研修プログラムや県からの受託事業、実務に携わる機会が少ない方に機会提供を図る実務従事事業、実践に即した研究会活動等を実施しております。本会は、そうした埼玉県協会の活動を広く知って頂くとともに、既存会員と未入会の方の交流促進を目的としたイベントです。

本会では、2017年度資格登録者はもちろんですが、資格を取得してから無所属・他協会所属、まだ資格登録要件を満たしていない、といった方も大歓迎です。また、既存会員の皆さまにとっても、有意義な情報交換の機会になると考えております。

埼玉県中小企業診断協会は、「顔が見える仲間がいるアットホームな気風」で、独立診断士にも企業内診断士にも活躍の場があることが特徴です。そんな協会の雰囲気を感じながら、「おいしいネタ」を見つけてみませんか?

現在、参加者を募集中です。参加を希望される方は、下記の方法によりお申し込みをお願い致します。

埼玉オータムフォーラム2017(新人歓迎交流会)
1.日時:2017年10月7日(土) 13:30開会 (13:00受付開始)

2.会場: 埼玉会館
★埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4(JR浦和駅西口より徒歩約6分)

3.内容:埼玉県中小企業診断協会の紹介
基調講演
ワークショップ(診断士としての活動の場を拡げる)
研究会・実務従事・研修に関する紹介
パネルディスカッション(埼玉県協会会員の診断士活動)

4.申込方法
埼玉県協会未入会の方:こくちーずよりお申込み下さい。
こくちーず
-----

皆様、是非ともご参加くださいませ。

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

システム監査技術者午後1の解答の特徴 その3

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

今日は、システム監査技術者試験 午後1の特徴「3. 監査結果の記述では、予備調査や監査実施中には出てこない単語が突然現れる場合がある。 」について。

この点は、今まで午後1で落ちていた最大の要因と考えています。
例えば、平成29年問2では、本調査で詳細設計とシステムテストを確認している際に
「指摘事項のカウント方法」「表計算ソフトでレビューアごとの指摘区分をカウント」「完了判定基準の項目」といった具合に、
平成26年問3では「OSバージョン」「セキュリティ事故対応」「満足度の低下」といった具合です。
そして、予備調査段階を読み直してもそれらの単語がなく、パニックに陥ります。

ですが、これは、前々回の「1. 解答を大幅に抜き出して解答のマス目を埋める必要がある場合がある。 」を適用できる
チャンスでもあります。
例えば「指摘事項のカウント方法に従ってカウントされているか」→「指摘事項のカウント方法が定まっているか」といった具合に、
突然現れた「指摘事項のカウント方法」という単語を主軸に解答を構成するのです。
以下、
「表計算ソフトで集計するのであれば、サンプリングでなく全件調査」
「完了判定基準に含まれているか」
といった形で解答が構成されます。

見慣れない単語が現れた場合は、その単語を予備調査で探し回るのではなくて、いっそのこと解答欄に書いてしまったほうがよいのかもしれません。
副次的な効果として、「問題文の言葉を使って採点時の不用意な減点を減らすことができる」とも取ることも可能です。

中小企業診断士の皆様においては実務補習の最中ですが、いかがお過ごしでしょうか。
本日は、関東地区の診断士向けのイベントについてご紹介いたします。

埼玉オータムフォーラム2017」(新人歓迎交流会)開催!!

-----
20170821_埼玉オータムフォーラム
埼玉県協会では、埼玉県下で活動を希望する中小企業診断士を対象に「埼玉オータムフォーラム2017」(新人歓迎交流会)を2017年10月7日(土)に埼玉会館(さいたま市)で開催します。

埼玉県協会では、毎月第3土曜日に開催される研修交流定例会を始めとした各種研修プログラムや県からの受託事業、実務に携わる機会が少ない方に機会提供を図る実務従事事業、実践に即した研究会活動等を実施しております。本会は、そうした埼玉県協会の活動を広く知って頂くとともに、既存会員と未入会の方の交流促進を目的としたイベントです。

本会では、2017年度資格登録者はもちろんですが、資格を取得してから無所属・他協会所属、まだ資格登録要件を満たしていない、といった方も大歓迎です。また、既存会員の皆さまにとっても、有意義な情報交換の機会になると考えております。

埼玉県中小企業診断協会は、「顔が見える仲間がいるアットホームな気風」で、独立診断士にも企業内診断士にも活躍の場があることが特徴です。そんな協会の雰囲気を感じながら、「おいしいネタ」を見つけてみませんか?

現在、参加者を募集中です。参加を希望される方は、下記の方法によりお申し込みをお願い致します。

埼玉オータムフォーラム2017(新人歓迎交流会)
1.日時:2017年10月7日(土) 13:30開会 (13:00受付開始)

2.会場: 埼玉会館
★埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4(JR浦和駅西口より徒歩約6分)

3.内容:埼玉県中小企業診断協会の紹介
基調講演
ワークショップ(診断士としての活動の場を拡げる)
研究会・実務従事・研修に関する紹介
パネルディスカッション(埼玉県協会会員の診断士活動)

4.申込方法
埼玉県協会未入会の方:こくちーずよりお申込み下さい。
こくちーず
-----

皆様、是非ともご参加くださいませ。

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

システム監査技術者午後1の解答の特徴 その2

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

今日は、システム監査技術者試験 午後1の特徴「2. 逆に、抜き出しがほとんど効かず、受験生が言葉を作らなければならない場合がある。 」について。

平成29年は、抜き出しが効かない問題が連発していたように思います。
特に問3設問3の小問3個は、すべて抜き出しが効かない問題でした。
・パッチ適用計画書→どこにそのような言葉が?
・影響調査結果報告書→同上
・侵入検知システムによる監視→だから、どうすれば?
更に、問3設問1でも「レベルが同等水準で矛盾がない」ことをソラで答えさせる設問でした。
平成29年でいうと、問2設問1「判断基準の明文化と周知」設問3(2)「サンプリングではなく全件調査」といった具合ですが、
こちらは、「3件のPMの指摘件数の見解がいかほど客観性があるか」「3件の集計だけでC社の全レビューアの指摘の傾向が分かるか」と、
手掛かりはありますが。
平成28年ですと、問1設問3の「変更内容をB社CSIRTに報告させ影響を把握する仕組みの構築」がそれに当たります。「仕組みの構築」という単語、どうやってひねり出すか、と途方にくれます。実際、途方に暮れていました。

さて、システム監査の考え方は、「システム管理基準」「システム監査基準」に整理されています。
これらから、システム監査の考え方は、ある程度型があり、その型を覚えていることが前提と考えられます。
また、過去問を通してみると、観点は比較的一貫し、繰り返し問われる傾向にあります。
分かりやすいのは問2設問1「判断基準の明文化と周知」→平成24年問4設問4「移行を中止する場合の判断基準が明確になっていること」
設問3(2)「サンプリングではなく全件調査」→平成23年問2設問1 サンプリングでは分からないこと「(省略)」補完する監査手続「全件レビュー」
少しわかりにくい例では問1設問3「変更内容をB社CSIRTに報告させ影響を把握する仕組みの構築」→平成26年問3設問3「常時迅速に対応するための体制を構築するための人件費が増加する可能性があるから」

その点、平成29年問3の類推は難しい。解答と問題文の対応になっています。
「事前に確認すべき」→平成26年問1「保守の手順 項番1「影響範囲の特定」」→そうでも考えないと「影響調査結果報告書」という単語は出てこない

このように考えると、ひねり出すべき単語は絞られてきます。
職務分離、承認、検証、検討、判断基準、明文化、周知、サンプリング、全件、計画、報告、影響範囲、体制、仕組み、検知、検出、議事録、判断、客観性、網羅、etc.

地道に、単語をひねり出させる問題を繰り返し演習したほうがよいでしょう。

中小企業診断士の皆様においては実務補習の最中ですが、いかがお過ごしでしょうか。
本日は、関東地区の診断士向けのイベントについてご紹介いたします。

埼玉オータムフォーラム2017」(新人歓迎交流会)開催!!

-----
20170821_埼玉オータムフォーラム
埼玉県協会では、埼玉県下で活動を希望する中小企業診断士を対象に「埼玉オータムフォーラム2017」(新人歓迎交流会)を2017年10月7日(土)に埼玉会館(さいたま市)で開催します。

埼玉県協会では、毎月第3土曜日に開催される研修交流定例会を始めとした各種研修プログラムや県からの受託事業、実務に携わる機会が少ない方に機会提供を図る実務従事事業、実践に即した研究会活動等を実施しております。本会は、そうした埼玉県協会の活動を広く知って頂くとともに、既存会員と未入会の方の交流促進を目的としたイベントです。

本会では、2017年度資格登録者はもちろんですが、資格を取得してから無所属・他協会所属、まだ資格登録要件を満たしていない、といった方も大歓迎です。また、既存会員の皆さまにとっても、有意義な情報交換の機会になると考えております。

埼玉県中小企業診断協会は、「顔が見える仲間がいるアットホームな気風」で、独立診断士にも企業内診断士にも活躍の場があることが特徴です。そんな協会の雰囲気を感じながら、「おいしいネタ」を見つけてみませんか?

現在、参加者を募集中です。参加を希望される方は、下記の方法によりお申し込みをお願い致します。

埼玉オータムフォーラム2017(新人歓迎交流会)
1.日時:2017年10月7日(土) 13:30開会 (13:00受付開始)

2.会場: 埼玉会館
★埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4(JR浦和駅西口より徒歩約6分)

3.内容:埼玉県中小企業診断協会の紹介
基調講演
ワークショップ(診断士としての活動の場を拡げる)
研究会・実務従事・研修に関する紹介
パネルディスカッション(埼玉県協会会員の診断士活動)

4.申込方法
埼玉県協会未入会の方:こくちーずよりお申込み下さい。
こくちーず
-----

皆様、是非ともご参加くださいませ。

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

「こだま」には「こだま」の良さがある

こんばんは。Cobbyこと小林 健了です。

9/9、9/10は、イベント参加のため名古屋に行っておりました。
その際の新幹線には、敢えて「こだま」にしました。

通常は「速いほうがよい」ということで「のぞみ」にする方が多いでしょう。
実際、最近の東海道新幹線のダイヤでは「のぞみ」が圧倒的に多いのです。
ですが、「こだま」にすると、
・コスト低減
・まとまった時間を作れる
といったメリットがあります。

特に、今の自由な時間が取れるうちに、学習時間としてその時間を活用しました。
普段ですと、時間はあるようであまりありません。
そのようなときには、やはり、新幹線という空間は非常に助かるのです。

そして、「新幹線といえばのぞみ」というだけでなく、自身が置かれた課題を認識すること、
そして、先入観を持たずに、課題を解決するための最善の手段を見つけ出して選択していく。

先行者の後をそのままついて行けばよい時代ではない今、課題発見と先入観を持たない課題解決が、以前にもまして求められると考えているのです。

中小企業診断士の皆様においては実務補習の最中ですが、いかがお過ごしでしょうか。
本日は、関東地区の診断士向けのイベントについてご紹介いたします。

埼玉オータムフォーラム2017」(新人歓迎交流会)開催!!

-----
20170821_埼玉オータムフォーラム
埼玉県協会では、埼玉県下で活動を希望する中小企業診断士を対象に「埼玉オータムフォーラム2017」(新人歓迎交流会)を2017年10月7日(土)に埼玉会館(さいたま市)で開催します。

埼玉県協会では、毎月第3土曜日に開催される研修交流定例会を始めとした各種研修プログラムや県からの受託事業、実務に携わる機会が少ない方に機会提供を図る実務従事事業、実践に即した研究会活動等を実施しております。本会は、そうした埼玉県協会の活動を広く知って頂くとともに、既存会員と未入会の方の交流促進を目的としたイベントです。

本会では、2017年度資格登録者はもちろんですが、資格を取得してから無所属・他協会所属、まだ資格登録要件を満たしていない、といった方も大歓迎です。また、既存会員の皆さまにとっても、有意義な情報交換の機会になると考えております。

埼玉県中小企業診断協会は、「顔が見える仲間がいるアットホームな気風」で、独立診断士にも企業内診断士にも活躍の場があることが特徴です。そんな協会の雰囲気を感じながら、「おいしいネタ」を見つけてみませんか?

現在、参加者を募集中です。参加を希望される方は、下記の方法によりお申し込みをお願い致します。

埼玉オータムフォーラム2017(新人歓迎交流会)
1.日時:2017年10月7日(土) 13:30開会 (13:00受付開始)

2.会場: 埼玉会館
★埼玉県さいたま市浦和区高砂3-1-4(JR浦和駅西口より徒歩約6分)

3.内容:埼玉県中小企業診断協会の紹介
基調講演
ワークショップ(診断士としての活動の場を拡げる)
研究会・実務従事・研修に関する紹介
パネルディスカッション(埼玉県協会会員の診断士活動)

4.申込方法
埼玉県協会未入会の方:こくちーずよりお申込み下さい。
こくちーず
-----

皆様、是非ともご参加くださいませ。

できる逆引き Googleアナリティクス Web解析の現場で使える実践ワザ240 ユニバーサルアナリティクス&Googleタグマネージャ対応」という書籍で勉強中です。


情報処理教科書 高度試験午後I記述 春期・秋期」にインタビューを、
情報処理教科書 高度試験午後II論述 春期・秋期」に体験記を寄稿しておりますので、
秋試験の学習に向けて是非ともお読みくださいませ。



よろしければ、クリックをお願い致します。


ブログランキング・にほんブログ村へ

プロフィール

小林 健了

Author:小林 健了
取得資格: 中小企業診断士、技術士(電気電子部門)、情報処理技術者 (ITストラテジスト等) 。主にITや製造現場の観点から、企業経営、コンサルティング、技術について情報提供してまいります。

最近のトラックバック

ブロとも申請フォーム

アンケート

人気blogランキング

よろしければ、クリックをお願いします!! ↓↓↓↓↓↓↓↓

人気ブログ

ブログ内検索